これが噂のセブンゴールド「金のアイス 生チョコバー」か!

  by Y.牛o  Tags :  

金色のパッケージで魅了してくれる。セブンイレブンの金シリーズ。その中でも、夏本番を前に全国のセブンイレブンに「金のアイス 生チョコバー」が販売されているというので、さっそく買ってみる事にした。

セブンイレブンの金シリーズ「セブンゴールド」は、〝手ごろな価格〟〝本格的な味〟〝丁寧な製法〟にポイントを置いて作っているそうです。昔のPB(プライベート)商品は、安かろう悪かろう。というイメージがあったのですが、ここ最近とくにコンビニさんは、「安くてうまい」PB商品を出してますよね。この金のアイスは、どうでしょう?ぜひ、下記レポートを参考に夏のアイス生活を楽しんでほしい。

1.手ごろな価格度チェック

金のアイス生チョコバーには、ホワイトとバニラの2種類があるのだが、どちらも198円(税別)。う~んなんとも言えないが、税抜きで200円を下回るという消費者が少し手を出しやすい価格に設定しているのは、セブンイレブンらしい。
これが、300円近くなってしまうと「ハーゲンダッツでいいじゃん」となってしまう。逆に、100円ちょっとだと「なんか安っぽいな」となってしまう。

「パァ~ルム」のCMで有名な、森永が出しているPARMは、130円(税別)となっている。

筆者的には、PARMが130円ならば、金のアイス生チョコバーは150円までに抑えて頂ければと思います。

という事で、価格面は結論 △

2.本格的な味チェック

さて次は、食べてみましょう。生チョコバーというぐらいなので、中からはとろ~りとしたチョコが出てくるはず!?
「???」少し固い。これは生チョコというより「板チョコ」と思うぐらい固かったです。
そこで、筆者のおすすめは少し溶けてから食べると、このようになります。
本格的な味という事だけあって、カカオ感はものすごく感じられる。ただし、チョコが本当に大好きな人以外には、すこしクドイと言えるだろう。かなり濃いめのコーティングされたチョコと、とろっと出てくる生チョコ、まさに最強のコラボであるが出来ればクッキーなどを一部分に入れてくれると、口直しがあって良かったと感じた。
ということで、味面は結論 △

3.丁寧な製法度チェック

正直、どうやって調べれば良いんだ?と思いながらパッケージを見ていると、「株式会社ロッテアイス」の文字が。ロッテアイス?ロッテアイスは、「雪見大福」「バニラバー」「スイカバー」などと人気商品を次々販売している大手アイス会社。日本のアイス好きにとっては、神のような存在である。
よくパッケージを見てみると、「セブンイレブンとロッテアイスの共同開発」と書いてあるではないか!作っているのは大手ロッテアイスならば、製法に問題ないだろう。ただ、セブンイレブンが作ってない。作らせていると言えば、やや複雑な気持ちである。

という事で、製法は結論 △

以上、セブンイレブンの金シリーズが打ち出しているポイント別にレポートしたが、結論は『△(まぁまぁ)』といった感じですね。
「安かろう悪かろう」というイメージはなかったものの、やや〝商品豪華さ〟や〝PBゆえの手ごろさ〟では満足できなかった。
一言でいえば普通ですね。どのアイスを買うべきか迷ったり、少しだけ贅沢したいときには、おすすめと言えるでしょう。

インターネットメディアを中心に、さまざまな事を書きまくっている30代男。大手飲食店、サービス企業を経験。 お酒が苦手やけど、食べるのが大好きで、食いもんについての記事も絶賛ライティング中、〝おいしい〟を集めて世に広げる事を目標に日々噴火中。