私のグッズコレクションその2【その他の人形篇】

  by 葛井  Tags :  


 今回は【その他の人形篇】ということで、怪獣以外の、フィギュア・ぬいぐるみ・カードなどを紹介する。今回紹介しないものもたくさんあって、それらは割とオフィシャルなものになる。つまり、よりガラクタ度の高いものを紹介しているということだね。

フィギュア類

 冒頭の写真は『ゴーヤーマン』のもの。その昔『ちゅらさん』という朝ドラの中で、主人公の兄が一山当てようとして作ったキャラクターだった。しかしこれはそのオフィシャルのものでさえない。

 背中の写真では赤いマントに「ご」と書かれている。当時、正式なものも販売されていたと思うけれど、どこかで見つけてきたものが、これだった。買ったのかどうかさえ定かではない。

 次のはこれはきちんとしたもので、コンタックのキャラクターだ。CMでよく見たものだし、ちゃんと薬を買ったときに付録についてきたものだ。カプセルの形を模していて、透明な頭の部分にはつぶつぶが入っている。オレンジ色の部分に目鼻や手足がついていて擬人化されている。関西弁で喋る吹き替えは、落語家の笑瓶がやっていたと思う。最近は別の人がやってるのかな。

 くまのパディントンの形をしたキーホルダ。一応ソフビかな。私は『くまのパディントン』という童話が好きで、小学生のころから愛読している。このキーホルダは飲料かなにかの景品でもらったものだと思う。好きなものなのでとってあった。パディントンは他にぬいぐるみも持っているが、フェルトでできた服や帽子は虫に食われてしまったので捨てた。いまは違う装いをしている。もしかしたら別の機会に紹介するかもしれない。

 次のものは人形ですらなく、ラーメン用の蓮華をかたどったキーホルダだ。横浜の『ラーメン博物館』に行ったときのおみやげに買ったものだ。バナナホルダにかけている。玄関先にはこんなものがごちゃごちゃとほこりをかぶっている。妖怪根付なんかもあるんだけれど、紹介しない。

カード


 カードといっても流行りの対戦カードではなく、トレーディングカードですらない。左側はヤクルトスワローズの監督や選手のカードで、一応野球ゲームができるようになっている。リサイクルショップで見つけて安く手に入れたものだ。ちょうど私が応援していたころのチームで監督は野村克也だった。
 右側はただのトランプカード。デザインはシーズン最多安打記録のイチローのものになっていて、当時コマーシャルをしていた証券会社からもらったものだと思う。

ぬいぐるみ

 ぬいぐるみも、子供のころはたくさん持っていたけれど、怪獣のソフビと同様、その多くを捨てられてしまった。いまもいくつか残っているけれど、その中で手作りのものだけを紹介する。

 タヌキの親子のもので、毛糸で編まれている。鍋敷きなんかの応用だろうけれど、すごく手なれている。タヌキのぬいぐるみが流行ったときがあって、そのときに作ってもらったものだ。母狸は裏と表の間に収納できるようになっていて、子だぬきはふだんその中に入っている。
 今回写真を撮るために、中身を取り出したら、子だぬき以外のぬいぐるみも入っていた。

 左の黄色いのは子カンガルー。大きなカンガルーのぬいぐるみも持っていて、そのお腹のポケットの中に入るように、作ってもらったもの。型紙の下絵は私が書いて、フェルトで作ってもらった。右のオレンジ色のは、一応クマか。これも同様に型紙を書いてフェルトで作られている。

 写真は著者撮影による。

好きな小説・映画・音楽などについて、まとまった形で表現できればと思います。

ウェブサイト: http://mypage.syosetu.com/592268/