行列の老舗洋食屋さんでナポリタンを食す @横浜『イタリーノ』

  by YELLOW  Tags :  

横浜には数多くの洋食屋さんがありますが、今回はその中でも特にに人気がある『イタリーノ』のナポリタンを紹介してみましょう。

行列覚悟の人気店『イタリーノ』

横浜で一番人気がある洋食屋さんは、どこでしょうか? 色々な意見があると思いますが客観的に見た場合、筆者は福富町の『イタリーノ』が一番なんじゃないかなと思います。

平日に行ってもランチタイムなら、並ばないと入れない程に混んでいます。
流石の横浜でも、並ばなければ食べられないほどの洋食屋さんは、なかなかないでしょう。

当然、店内も活気があり混んでいます。なのでテーブル席は相席になる事も少なくありません。

ランチが激安でボリュームがある

そんな『イタリーノ』の人気の秘密はなんでしょうか?

料理が美味しいのは当然ですが、筆者が思うに『イタリーノ』が人気があるのは、ランチが安くてボリュームがあるからだと思います。

日替わりのランチメニューは、どれも600円でライスの盛りも多めです。なので『イタリーノ』では

「ライス少な目でお願いします」

と言う人が少なくありません。しかもメニューは「揚げ物」が多く、洋食としてはガッツリ系です。

「安くて旨くてボリュームがある」

となると若い人達に人気があるのは当たり前ですが、実は年配の方達や女性客も少なくないのです。

この誰からも愛される『イタリーノ』のランチが、あの行列の秘密と言う訳です。

ランチタイムは「日替わりランチ」がオススメ

そんな感じで昼時の『イタリーノ』はいつも混んでいます。なのでオーダーも

「ランチで良いですか?」

と聞かれるので、ついついランチを食べてしまいがちですが、実はランチ以外のメニューも色々とあるのです。

若干、ランチタイムは本当に混んでいて厨房も大変なので、ランチ以外のメニューをオーダーするのは、筆者もちょいと気が引けます。

ランチタイムは日替わりランチを中心に調理しているので、どうしてもランチ以外のメニューは出てくるのも遅くなってしまいますし、明らかに厨房のペースが乱れるので申し訳ない感じになってしまうのです。

なので、常連と思われる人達はランチタイムはランチを食べ、他のメニューを食べたい時は時間をずらして来る事が多いようです。

勿論、ランチ以外のメニューをオーダーしても悪くはないのですが、そこは空気を読んで混雑している昼時は、ランチを食べるのがベストでしょう。

実はナポリタンも美味しい『イタリーノ』

と、言う訳で筆者も滅多に「日替わりランチ」以外を食べる事はないのですが、最近はナポリタンを色々と食べ比べているので『イタリーノ』のナポリタンも食べてみました。

時間は14時過ぎで、ちょっと並びも無くなり店内も落ち着いた時間帯に、ナポリタンをオーダーです。

いつも一人なのでカウンター席なのですが、料理好きな筆者としては調理している様子が見えるので、色々と勉強になります。

『イタリーノ』は、この時間帯でもそこそこ混んでいて、やはりオーダーは「日替わりランチ」が多いですね。

そんな中、筆者のナポリタンの調理が始まります。

やはり『イタリーノ』も、ナポリタンは茹で置きのパスタを使うようですね。パスタの太さも「日替わりランチ」に付いてくる物と同じです。

ちなみに『イタリーノ』の日替わりランチは、サイドに添えられるパスタの味付けも日によって違います。カレー味などもあり、パスタには結構こだわっていたりします。

『イタリーノ』のナポリタンを食す!

調理している様子を見ると、かなりガッチリとパスタを炒めています。
終始強火で焼き付けるように、しっかり炒めている様子をカウンターから見る事が出来ます。

「このナポリタンなら間違いない!」

多くの店でナポリタンを食べてきましたが、やはり本物の洋食屋さんは仕事が違いますね。これはハンバーグなどでも同じ事が言えるのですが、

「焼く時は徹底的に焼く!」

のが基本です。しっかりと焼き目を付ける勢いで調理しているのならば、その店は美味しい料理を出すと思って間違いないでしょう。

そして途中で別の鍋(厳密にはトマト缶の空き缶)から、別のソースを追加して、さらに炒めまくります。

「ナポリタンなんか、どこもケチャップ味でしょ?」

と筆者も最初は思っていたのですが、色々な店を食べ歩いているうちに、店によって色々と材料や作り方が違う事を知りました。とりあえず

「ナポリタンはケチャップ味で、どこも同じ味」

と思って敬遠している人は、確実に人生の何パーセントかを損しているので、是非とも色々な店のナポリタンを食べてみて下さい。

ナポリタンには粉チーズとタバスコが必須

筆者の元に「タバスコと粉チーズ」がセッティングされます。筆者は基本的に

「粉チーズを容器ごと出す店は優良店である!」

と日頃から思っているので、この時点でモチベーションが上がります。人によっては粉チーズが苦手という人も居るので、使うかどうかを自分で選択出来るのは素晴らしいと思います。

そして、ついに『イタリーノ』のナポリタンが運ばれて来ました。

流石はボリュームで定評のある『イタリーノ』ですね。大盛りにしていないのに、この盛りっぷりです。

「あれ? なんかアサリとエビが入ってるんじゃね?」

盛り加減に目を奪われがちですが、改めて良く見てみると『イタリーノ』のナポリタンには「アサリ」と「エビ」が入っている模様…

「ほほう… これは意外な展開かもしれんね」

基本的にナポリタンは「ハム」もしくは「ベーコン」なのですが、『イタリーノ』はシーフードで来ました。

無論、トマトソースとアサリの相性は「ボンゴレ・ビアンコ」で実証済みですが、あえて原価的には高くなりそうなシーフードを使ってくるとは…

ちなみに一説によると『イタリーノ』のナポリタンはケチャップではなく

「ボローニャソースとミートソース」

で味付けされているとの事です。まあ、どちらもトマトソースじゃんと思うのですが、あの微妙な挽肉加減がミートソース、アサリとエビがボローニャソースと言う事でしょう。

いや、イタリア料理的に考えると、厳密にはボローニャソースも挽肉な気がしますが… まあ細かい事は気にしない方向でお願いします。

『イタリーノ』ナポリタン 総評

まさに『イタリーノ』のコダワリが現れた、挑戦的な一品と言えるでしょうか?

具はかなり多いので、全体的にボリュームはありますが、味が単調になる事はありませんでした。

別に仕込まれたソースは、アサリを使ったボローニャソースだったようですね。当然、アサリの持つ風味をまとった「トマトソース」を煮詰めたのだから、美味しいに決まっています。

「ナポリタンはハムかベーコン」

と言う従来の形に納めなかった所も、逆に評価出来ると思います。他にもナポリタンでは定番の「ピーマン」が入っていないのも珍しいですね。

「イタリーノにはイタリーノのナポリタンがある!」

そんな作り手の主張を感じる事が出来る、まさに『イタリーノ』のナポリタンでした。

そんな訳で、筆者もイチオシの『イタリーノ』のナポリタン、是非みなさんも食べてみて下さい。

ついつい「日替わりランチ」ばかり食べてしまいがちですが、他のメニューも美味しいので、時間をずらして色々なメニューを食べてみる事をオススメします。

横浜洋食の人気店『イタリーノ』の味に、きっと納得されると思いますよ。

イタリーノ

住所    神奈川県 横浜市中区 福富町仲通3-4 403号室

営業時間  12:00~23:30

定休日   日曜日

酒と料理に情熱と脂肪を燃やすフリーライター ”日の丸構図で寄りまくる!”と言う素人写真を武器に暗躍する。美味しい料理を世界にバラ撒く”飯テロリスト”として各国の情報機関にブックマークされたが反省はしていない。 取材依頼(新店舗、新メニューのPR)その他記事の執筆依頼は下記のメールアドレスまでお願いします! mc_yellow@nifty.com なんとなく作ったサイトも絶賛稼働中! http://foodnews.jp/

ウェブサイト: http://foodnews.jp/

Twitter: mossberg835