【さすが大阪】くすりと笑える、NEWオープンの走れるショッピングセンター『もりのみやキューズモール』の誘導広告

  by mayopi  Tags :  

 4月27日に大阪城公園のすぐ隣、大阪市中央区の日生球場跡地に開業した『もりのみやキューズモールBASE』へ行ってみました。キューズモールは東急不動産が近畿圏に展開する商業施設で、もりのみやは4施設目。

 野球場の跡地ということで、“豊かに生きる、ココロ・カラダ特区”をコンセプトに、「スーパースポーツゼビオ」やスポーツジム「東急スポーツオアシス」などのスポーツをテーマにしたテナントや、診療所などヘルスをテーマにしたテナントが多数入っています。

 入口すぐにはクライミングウォールが。

■日本初の走れるショッピングセンター

 『もりのみやキューズモール』の最大の特徴は、屋上のランニングトラック“エアトラック”。近くの大阪城公園まわりがランニングコースとして知名度が高いことや近隣の住民の方の希望により、1周約300m・3レーンの人工芝トラックを設置するに至ったのだとか。

 しかも、利用料は無料。ランニングやウォーキングを自分のペースで楽しむほか、大阪城公園まわりをランニングした後の、クールダウンにも使えます。

 うかがったときはランニングをされている方は女性1名、あとはみんなとりあえず歩いてみる...といった様子。オープニングの熱がある程度落ち着いたころに、本来あるべきスポーツ施設として利用されていくのでしょう。

 そのほか、屋上にはフットサルコートも。まさに“ココロ・カラダ特区”を体現したショッピングセンターと言えます。

■最寄り駅、市営地下鉄・森ノ宮駅の案内広告に注目!

 当モールがもっとも近いのは市営地下鉄の長堀鶴見緑地線“森ノ宮”駅。こちらの駅構内に貼られている案内広告が、これぞ大阪!と思わせてくれます。

 大阪城の近くということもあって、豊臣秀吉の肖像画を使用。こてこての大阪弁を使った案内コピーは一枚一枚違うというこだわりようです。  


 
 モールに上がるのに一番近い2番出口のそばには。

 
 エアトラックを訴求するこんな柱広告も。

 でも、私が一番好きなのはこちら。


 
 2番出口とは反対のホームに掲出されていたこちらの広告。読んだ誰しもが思うことを、森ノ宮をリスペクトしているというキャラクター『モリスペクター(26歳・男・野球が好き)がしっかりと突っ込んでくれています。


 
 ありがとう、その通り!

 貼る場所に合わせて作られたそれぞれのコピーに、思わず頬が緩むこと間違いなし。

 2014年・2015年は、大坂冬・夏の陣から400周年ということで大阪城では大阪の魅力を国内外に発信する『大坂の陣400年プロジェクト』が実施されています。そんな、いま注目が集まる太閤秀吉を面白おかしく起用した『もりのみやキューズモール』。スポーツ&ヘルスをテーマにした新しいショッピングモールとして、うまく定着していくのか。今後に期待したいです。 
 
(写真はいずれも著者撮影のもの)

関西在住。スタートは音楽を中心とするエンターテインメント関連。さらに旅や富裕層向け雑誌や会社のカタログ・社報などの編集・ライターを経て、現在は広告や月刊紙、関西のフリーペーパーなどのプランナー・ライターをしています。食からファッション、絵画、インテリアまで幅広いジャンルを扱っています。