【通勤読書】10:終電にはかえします

<『終電にはかえします』 雨隠ギド>
—–
この本は、百合好きの方々に「これは読んどけバカヤロー!」と言われて読みました。私は今まで、百合関係の漫画は自発的に読んで来なかったと言いますか、読んだらそうだった、というのが多いので、これから読んでいけることを、とても楽しみにしております。「読んどけバカヤローシリーズ」は今後も出てくると思いますので、お付き合いください。
—–
内容は、『ひらがな線、あいう駅より』から『少女星図』までの短編集で、連作やスピンオフになっているものもあります。いい作品揃いでしたが、最初の二作に登場する『あさき』と『ツネ』に注目してみます。二人は同じ高校に通う先輩と後輩で、先輩の『あさき』はミスコン優勝後にサッカー選手と玉の輿を狙うお嬢様系の美少女、後輩の『ツネ』はプリン頭が印象的で教室内で浮き気味な王子系の少女です。この二人が、なんだかんだしていくわけです。
—–
タイトルにもある『かえします』の漢字について、あさきとツネで考えてみると、最初は、二人がお互いの距離を近付けていく主な舞台が電車なので、『終電には(家に)「帰します」』かと思いました。読んでいくうちに、『終電には(お兄さんたちに)「返します」』かなと思い、最終的には、『終電には(温めていた想いを)「孵します」』であろうな、と思いました。二人が毎朝それぞれに温めてきた大切な卵を孵化させたのだろうな、と。ほかには『少女星図』も好きです。おススメです。
—–
(写真は著者撮影)
—–
◎関連リンク
・新書館サイト『終電にはかえします』
http://www.shinshokan.co.jp/book/978-4-403-67150-0/
—–
◎関連記事
・【通勤読書】3:青い花
・【通勤読書】4:となりのロボット

WEB作家と会社員の兼業。AmazonKindleにて小説発売中。わりといい年齢の社会人女です。電子書籍で百合作品を読む人を少しでも増やせたらと活動中。ご贔屓に。

ウェブサイト: http://metroswitchcompany.jimdo.com/

Twitter: metroswitchco