ナイジェリアで発症24時間以内に18人死亡の謎の病気 WHOは除草剤が原因との仮説

  by 松沢直樹  Tags :  

ナイジェリアで、発症後24時間以内に死亡する病気が確認され、不安が広がっているようです。
WHOによると、ナイジェリア南部のオンド州にあるオデイレレという町で4月13日から15日頃に発症したことを確認。発症後、視界がぼやけ意識が薄くなったあと24時間以内に死亡するという経過をたどることはわかっていますが、原因については不明。

エボラ出血熱のようなウイルスは見つかっておらず、WHOは除草剤が原因ではないかという仮説を立てていますが、原因ははっきりしていません。
ナイジェリア南部のオンド州政府によると、現在までに発症して死亡したケースは14症例。少なくとも、12人死亡したことを把握しているとのこと。

原因がはっきりしていないため、対策の練りようもないのが現状ですが、アフリカ西部では、エボラ出血熱の感染拡大に世界中の関心が集まっています。ナイジェリアの報告が、新たな感染症でないことを祈りたいところですが、万が一、感染症だった場合、先進国はWHOの報告を聞きながら、連帯して拡大阻止に努める必要があると思います。

※写真はイメージ 足成より http://www.ashinari.com/2011/01/19-344825.php

福岡県北九州市出身。主な取材フィールドは、フード、医療、社会保障など。近著に「食費革命」「うちの職場は隠れブラックかも」(三五館)」近年は児童文学作品も上梓。連合ユニオン東京・委託労働者ユニオン執行副委員長 

ウェブサイト: http://homepage2.nifty.com/epsilon-cafe/ http://nomichan2001.cocolog-nifty.com/epsiloncafe/ https://twitter.com/naoki_ma

Twitter: naoki_ma

Facebook: naoki.matsuzawa