学校へのタブレット導入の無意味さ

  by terasakiryo  Tags :  


教育機関へのタブレット導入、解せませんね。

筆者にはコンクリートがガラス板に代わっただけの公共事業としか思えません。

タブレットが不適当な理由は2点に集約できます。
 

1. タブレットはビュアー


故・スティーブ・ジョブズはリビングで寝っ転がってネットをしたり、映画を観るためにiPadを発案したといいます。

タブレットは基本的にビュアーなのですよ。

ビジネスですから、業者は「キーボード接続できてエディターとしても使えます」と営業攻勢をかけるわけですが、手八丁口八丁の世界です。真に受けてはいけません。

エディターとしてのインターフェイスとしては“キーボードとマウス”が最も効率的です。

文字入力、画像・動画編集をタブレットでやってみてください。液晶をツンツン突く作業がどれだけ面倒か分かるはずです。
 

2. 税金の無駄遣い

美麗なグラフィックのゲームをするわけじゃないんですから、ロー・ミドルクラスのノートパソコンがあれが事足ります。

5万円もあれば必要十分な製品が買えるでしょう。

またBYODで生徒(家庭)の私物ノートを活用する手段もあります。

もうすでにノーパソがある学校もあります。

低予算、もしくは既存製品の利用で教育のICT化はできるのです。
 

以上が筆者の見立てです。

きっと数年後タブレットは用済みになり、廃棄されるか中古市場に放出されるでしょう。

ヤフオクに流れてきたら興味本位で買ってみようかしら。
 

画像はいずれも写真ACより http://www.photo-ac.com/

TABROID( http://www.tabroid.jp/ )での執筆経験があります。スマホアプリのレビュー記事を書いておりました。

ウェブサイト: http://b.hatena.ne.jp/genkiegao/bookmark