メラトニンと睡眠薬、どっちが良いの?

  by terasakiryo  Tags :  


心療内科に行って、
 

「眠れません」
 

と訴えると、大抵は睡眠薬が処方されます。

ベンゾジアゼピン系の睡眠薬、もしくはマイスリーが処方されることがほとんどです。

処方された眠剤で眠れるならそれで良いとも言えます。

ただ、『メラトニン』という別の選択肢も存在します。
 

メラトニンとは?

身体に「眠りなさい」と働きかけるホルモンです。体内で合成されています。

睡眠薬と比較した場合のメリットは副作用が少ないことです。

もともと身体で作られるものですし、米国ではサプリメントとして販売されています。

ただ、身体が自力でメラトニンを生成する力が衰えるという報告もあり、副作用が全くないと言い切ることはできません。

また、効かないこと、服用量によっては翌朝に眠気が残ることがあります。
 

睡眠薬の問題点


現在主流のベンゾジアゼピン系睡眠薬は副作用が少なく、お医者様は好んで処方されます。

しかし睡眠薬も効かない人がいるんですね(その場合、別の睡眠薬が処方されます)

また、長期に渡って服用し続けると耐性ができて効かなくなります。

さらに眠剤の種類によって差はありますが、突然断薬すると離脱症状(禁断症状)が現れます。

総じてメラトニンより注意が必要と言える薬です。
 

メラトニンを買う際の留意点

特にややこしい手続きは不要です。

ただ、一度に個人輸入できる量が”2ヶ月分”と定められています。

“2ヶ月分”がいったいどれだけの量なのかは不明です。

確かなことは“一度にたくさん輸入すると税関で没収される”ことだけです。

筆者の今までの経験では、60錠で没収されたことはありませんでした。
 

市販されている製品は1錠あたり3~10mgのメラトニンを含むものがほとんどです。

初めて飲む人はとりあえず3mgから試してみるのが無難でしょう。

『ebay』だと送料込みで60錠10ドル前後で買えます。

実のところメラトニンは日本でも処方薬としては認可されていて、医者に頼めば買えます。

しかし個人輸入の方が手軽で安上がりです。
 

お薬フリークの筆者ができるアドバイスは以上です。

薬・サプリメントについては色々な人(含む医師)が色々なことを言います。

なので、可能な限り多くの情報を集め総合的に判断してください。
 

写真はすべて写真ACより http://www.photo-ac.com/

TABROID( http://www.tabroid.jp/ )での執筆経験があります。スマホアプリのレビュー記事を書いておりました。

ウェブサイト: http://b.hatena.ne.jp/genkiegao/bookmark