レモン風味のビールテイスト『ラドラー』がこれからの季節、大活躍の予感

サントリーのビールテイスト飲料『ラドラー』。家飲みが多くなってしまった我が家でも、密かなブームになっております。

『ラドラー』って何者?

そもそも『ラドラー』はドイツ生まれ。ドイツ語で「自転車乗り」を指すそうで、商品名というよりはカクテルの名前に近いのかもしれません。

“ラドラー”は、ビールをこよなく愛するドイツ人の間で伝統的に親しまれている楽しみ方のひとつで、一般的にレモン風味を加えたビール類のことをいいます。
(サントリー 2014年12月16日 ニュースリリースより引用)

そんなにカクテル詳しくないので、「調べるより体感しろ」精神でスーパーへ出発。ご近所のスーパーは、ただいま「澄みわたる葡萄酒」ゴリ押し中なので、『ラドラー』は新商品にもかかわらず、他の発泡酒なんかと一緒に陳列されてました。値札に「新商品」って記載がかろうじてあるくらい。

お値段はビールよりやや安いくらい。パッケージデザインがポップなので、ただの炭酸飲料っぽい印象です。印象と違ってアルコール4%と、ビール並みの度数なのでお酒として楽しめそうです。

結果、第一印象通りの飲み物でした

結論からいうと、ビールの代わりには”ならない”です。
ただ、ビアカクテル好きにはたまらないんじゃないでしょうか。

グラスに開けてみて思ったのは「泡が立たない」。見た目がビールだったので、アレ?と思ってしまいました。

ただ、飲んで納得。けっこう甘いです。グラスの縁がややペタペタするビアカクテル特有の感じがあり、これらと同様に泡が立たない訳です。
「スッキリ甘い」というよりも、炭酸飲料のファンタみたいに「しっとり甘い」感じがします。多少ぬるくても飲みやすいので、ゆーっくり飲んでいられます。屋外のイベントでも重宝しそうです。

甘みが強いので、肉メインのBBQとかピザとか味の濃い目の料理やスナック菓子との相性が良いです。大勢でワイワイ昼から飲むには最適です。

CMのようにみんなで飲むときには1ケース買って行ってはいかがでしょうか。

基本、子どもが好きなものは好き。大人が好きなものだと、お酒と旅行と小説が好き。気になったもの、好きなものと良いものを見つけたら、脈絡なく教えちゃう主義。

Twitter: @gene_unieke