恋に! 友達作りに! 相手とすぐ仲良くなれる2つの方法


もうすぐ4月。進学や就職など、新しい環境になる方も多いでしょう。出会いの多いこの時期、相手とすぐ仲良くなる方法があれば、知りたいと思いませんか?

NLP(Neuro-Linguistic Programming、神経言語プログラミング)というコミュニケーション術を分かりやすく紹介した本『今日から使えるNLP』によると、相手と仲良くなるためのキーワードは「共通点」
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4816356770/[リンク]

1. 共通点を「探す」

相手との共通点が見つかると、一気に距離が縮まり、会話が盛り上がります。

A「私は名古屋出身です」
B「え、私もですよ!赤味噌が恋しいです(笑)」
A「あぁ、私も東京に出てきてから口にしてないなぁ、恋しい!」

A「あ、赤い服ですね。俺も。」
B「ほんとだ、かぶってますね(笑)」
A「赤好きなんですか?俺大好きなんで」
B「えー、私も赤好きです〜」

A「そろそろ桜の季節ですね〜」
B「そうですね、花見するんですか?」
A「はい、写真撮るのが好きなんで」
B「いいですね。俺も好きですよ。最近は梅を撮ってきました!」
A「いいですね、見せてくださいよ!」

会話の中で、相手との共通点を探しましょう。ときには相手に合わせるくらいでもOK。質問攻めになると嫌がられるので、自分のことも話すと良いですね。

2. 共通点を「つくる」

共通点を探しても見つからない場合は、共通点を作ればOK。相手の動作をさりげなく真似すると、相手は無意識に「似た人間だ」と感じ、居心地がよくなります。これを「ペーシング」といいます。

たとえば、相手が飲み物を飲むタイミングで同じように飲む。相手が腕組みをしたら、自分もしてみる。

慣れてきたら、相手の呼吸に自分の呼吸を合わせてみたり、相手の口癖を真似してみるのも良いですね。あくまで自然にしているうちに、相手と波長が合ってきて、仲良くなれますよ。

大事なことなのでもう一度言いますが、キーワードは「共通点」です。ちょっと意識するだけで、相手との関係がグッと良くなりますよ。

書評やライフハック系が得意のライター、ブロガー。 「もっとうまくやる方法・考え方」を追求する『ライフハックブログKo's Style』を執筆、オリコン「話題のニュースランキング」で大手サイトを押さえ1位を獲得したことも。 またノーベル平和賞候補にもなったトニー・ブザン氏から直接指導を受けたThinkBuzan社認定マインドマップ・インストラクターとして、その読書法やアイデア発想術などをセミナーや企業研修で伝える。 年間200冊の本を読破、多くをブログなどで紹介し、人気を得ている。

ウェブサイト: http://kosstyle.blog16.fc2.com/ http://twitter.com/kosstyle https://www.facebook.com/blog.kosstyle

Twitter: kosstyle

Facebook: blog.kosstyle